お客様の課題に応じた、適切なソリューションの提案・提供

様々なローコード・BPM・CRMソリューションにて、業務可視化・業務効率化を促進し、新しい価値を創造します。

対象ソリューション

対象ソリューション図

お客様の課題に応じた、適切なソリューションの提案・提供

各業務の業務可視化、業務効率化実現のため、「オペレーションの集約化」、「効率性を阻害するボトルネック特定」、「一人ひとりの社員の成果の見える化」、「オペレーション実施状況の見える化」、「オペレーションのスパゲッティ状態の解消」をBPMソリューション・ローコードプラットフォーム・CRMソリューション(Appian・Pega・SalesForce)にて実現します。

BMPSを活用した
3年後の目指す業務イメージ

01.オペレーションの集約化

管理者ポータルにて一律リアルタイムモニタリング

02.効率を阻害するボトルネック特定

一人ひとりの社員の成果の見える化

03.オペレーション実施状況の見える化

オペレーションごとに業務フローを可視化

04.オペレーションのスパゲッティ状態の解消

Appian・Pegaプラットフォーム

Appian

Appianは、ローコードプラットフォームとBPMシステムの2つの強みを持ったソリューションです。人、技術、データを単一のワークフローに統合することに加え、AIやRPAを用いて、企業や組織のアプリケーションやワークフローの迅速な構築を支援するソリューションです。
弊社は他社よりも早くこのソリューションに注目しており、2021年8月に日本企業としては初めてAppianジャパンと業務提携を結びました。そして既に、技術者育成やライセンス販売・テクノロジーサポートを行っております。
Appianを用いて短期間でのアプリケーション構築を行い、お客様の業務効率化や、業務の可視化を行う事が出来ます。また、Appianによる内製化支援などを行い、お客様内でのDX人材の育成のご支援も可能となっています。

Process automation

プロセスオートメーション

Low-code

ローコード

Case management

ケースマネージメント

スピードを追求したローコードアプリ

  • 再利用可能なコンポーネント
  • 統合されたDevOps
  • マウスでアプリを作成
  • 一度作成したらどこでも実行可能

POINT

  • アプリの品質向上
  • 変更も簡単
  • 技術的負債なし

企業価値を高める為のコンプリートオートメーション

  • 業務ワークフロー
  • エンドツーエンドのプロセスオートメーション
  • AI
  • 分類、翻訳、推奨など
  • ケースマネージメント
  • 共同作業のオーケストレーション機能
  • RPA
  • 大量の反復作業を行うソフトウェアロボット
  • ルール
  • ビジネスロジックの決定と実行

POINT

  • 1つの統一されたプラットフォーム
  • より強力なアプリ
  • 生産性の向上

柔軟性のあるローコードデータ既存システムとのオーケストレーション

  • Appianデータ
  • 外部データ
  • アクション

POINT

  • シングルインターフェイス
  • データ移行は不必要
  • どこにいてもデータの操作が可能

Pega

Pegaとは、拡張性のあるアーキテクチャとローコードプラットフォームにより、顧客の生涯価値の最大化や、効率を高めるためのサービスの合理化を行うことができるBPMソリューションです。弊社は2019年8月にPEGA社公式パートナーとなりました。
Pegaにより、お客様業務の可視化や、お客様の業務効率化を図る事ができ、その結果業務プロセスを継続的に改善する文化の醸成などが可能となります。Pega技術者がお客様の現状の業務要件や目指すゴールをヒアリングし、システム設計から運用保守までを行っています。
また、導入後のトレーニング、テクノロジーサポート、再販などのきめ細やかなサービスを一貫して実施することにより、お客様内での内製化など、Pegaの活用向上と導入の効果を最大化いたします。

試験申請システム全体像

ダイナミック・ケースマネジメントとは

ケース(事案)は、直線的に処理されるもの(BPM ワークフロー)ばかりではありません。多くの人が関与し、多種多様なルールや多くの要因に基づいた期日管理が必要となります。 ペガは複雑なケース全体を可視化し、期日管理を行い、ボトルネックを見える化します。

導入検討の進め方のイメージ(Appian、Pega)

目的

業務の今後のあるべき姿および変革計画を、短期間で具体的に検討する
定量的‧定性的なビジネスケースの定義
象徴的な業務プロセスの抽出とAs-Is、To-Be像整理
フィージビリティ (システム制約、時間、投資規模、 …)

  • 1.目的と課題の再確認
  • 期間
    0.5か月程度
  • 検討事項
    ・ビジネスゴール(定量的・定性的)
    ・対象業務の範囲(部門/商品/プロセス)、概
     略、および課題
    ・対象システムの概略、制約、および課題
  • 進め方
    貴社→弊社へご説明
    ※複数回(各1時間程度)
    ♯1:全体像
    ♯2:対象業務プロセス(POC)
  • 2.ソリューション開発および
    フィージビリティの検討
  • 期間
    1〜2か月程度
  • 検討事項
    ・ソリューションのデザイン、プロトタイプの
     作成(1.で対象に選定した業務プロセスに関
     し、Pegaによる開発を実施)
    ・技術的なフィージビリティの確認(机上、シ
     ステムの連携関連など)
  • 進め方
    弊社→貴社へデモンストレーション
    ※合計2-3回(各1〜1.5時間程度)
  • 3.2021年度システム化対象の検討
  • 期間
    0.5か月程度
  • 検討事項
    ・システム化対象の検討、2021年度予算化に
    向けた見積
  • 進め方
    弊社→貴社へご提案
    ※合計1回(各1〜1.5時間程度)

SalesForce

Salesforceとは、企業と顧客をつなぐ顧客管理ソリューションです。マーケティング、営業、サービスなど様々な部署で、顧客一人ひとりの情報を一元的に共有できる統合CRMプラットフォームです。
弊社は2018年11月にSalesforce社のコンサルティングパートナーとなり、社内人材育成、体制強化にも力を入れています。最新のSalesforce製品と技術を活かし、コンサルティングからシステム設計、開発、運用‧保守までトータルでお客様の業務改革を支援しています。

主な実績

  • 保険会社向けコールセンター構築
  • 流通業界向けSalesforce対応システムの構築
  • 営業活動管理システムの構築
  • 電力会社向け受付基盤構築プロジェクト
  • 保険会社向けのワークフローシステム
  • 製造業向けレポート作成システム