システム開発の
民主化を目指して

社長

当社はIT分野での社会貢献を目指して、2002年9月にスタートしました。
IT産業は大きな変革を遂げつつあります。当社のビジネスモデルも従来の受託開発中心から大きく舵を切り、現在は『AI・データ分析』『マルチクラウド基盤とセキュリティ』『米国のローコード開発プラットフォーム』という3つのDX事業を中心に展開しております。
AI・データ分析事業は自然言語処理、AI音声・画像処理などの分野でいくつかの特許を出願し、独自サービスもスタートできました。
米国発のローコード技術である“Appian”と“Pega”は『システム開発の民主化』『システム開発のDX化』というスローガンを打ち出して欧米で拡大していますが、日本市場への浸透はこれからです。これらのローコード技術は日本でシステム開発のイノベーションを起こすと言っても過言ではないでしょう。
時代は激しく変化しています。当社もどんどん新しい技術へチャレンジし続けながら、環境問題やSDGs分野への寄与など、IT技術による社会貢献と課題解決を目指してまいります。
お客様のIT戦略や成長への貢献を目指し、社員に対してはone on oneのキャリア設計を通じて、グローバルな技術と視野を持つ人財を育てていきます。お客様に信頼され、社会で存在感を発揮する企業を目指してまいりますので引き続きご支援賜りますよう、お願い申し上げます。

2022 年7月1日 代表取締役社長劉 甚秋